ラエリアンムーブメント広島中国方面の公式ブログです
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
グリーン革命に乗り出すペルシャ湾岸諸国
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
弥勒菩薩ラエルのコメント:豊富な日射量により、将来はアフリカがエネルギー
輸出国として№1になり得ます。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


■サウジアラビア:1090億ドルを投じるソーラー発電戦略を発表
(Saudi Arabia announces $109bn solar strategy:11月30日英語版配信分)


http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/36684
[JBpress]
(2012年12月3日付 英フィナンシャル・タイムズ紙)

原油が豊富に産出されるアブダビ首長国のど真ん中に、意外な風景が広がっている。空港のそばにある砂地にたくさんのソーラーパネルが、それこそサッカー場が何面も入るほど広い敷地いっぱいに設置されているのだ。

 一部からは、この発電所はペルシャ湾岸のエネルギー情勢を一変させる「グリーン革命」の印の1つだとの声も上がっている。

 エアコンと海水淡水化の需要が非常に強い地域だけに、そのような展開にはならないと思われるかもしれない。またこの地域には、今週行われている国連気候変動枠組み条約締約国会議のホスト国で、人口1人当たりの温室効果ガス排出量が世界で最も多いカタールも存在する。

再生可能エネルギーの次の中心地に?
 「だが、こうしなければならないのだ」。国営企業マスダールのクリーンエネルギー部門を率いるバデル・アル・ラムキ氏はこう語る。マスダールは、二酸化炭素の排出量を抑えた未来風の建物が立ち並ぶ「マスダールシティ」に電力を供給するためにこの太陽光発電所を建設した。

 世界の原油の確認埋蔵量の8%を保有するアブダビが化石燃料のビジネスをすぐに放棄するわけではない、とアル・ラムキ氏は言う。「しかし、我々が取り入れて併用すべきエネルギー源の仲間に再生可能エネルギーが加わるのは重要なことだと感じている」

 湾岸地域の将来展望を強調する向きもある。コンサルティング会社オリバー・ワイマンのマーク・ロブソン氏(ドバイ在勤)は「ここは世界の再生可能エネルギーの次の中心地になるかもしれない」と指摘する。


サウジアラビアは今年、世界最大級の再生可能エネルギー計画を発表している〔AFPBB News〕
 同社は先日、世界エネルギー会議(WEC)と共同でエネルギーの持続可能性の国別ランキングを取りまとめた。上位40カ国の中にペルシャ湾岸諸国は1つも入っていなかった。

 だがロブソン氏によれば、多額の資金を再生可能エネルギーに投じ始めた国もあるため状況は今後変わるだろうし、ニーズがあることも明らかだという。

 サウジアラビアは現在、飲み水の製造と発電のために、日々産出する原油の3分の1を燃やしている。

 「しかも、この3分の1の部分は急拡大しており、今のペースが続けば25年後にはサウジアラビアが原油の純輸入国になる可能性もある」とロブソン氏は言う。「だから彼らは、何か手を打たなければいけないことを本当に理解している」

  [英語原文記事]
   http://www.guardian.co.uk/environment/2012/nov/26/saudi-arabia-solar-strategy


page top
警告! お薬とグレープフルーツとの組合せ!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
弥勒菩薩ラエルのコメント:もし医師たちが知性的で、製薬業界から操られて
いなければ、これらの薬と一緒にグレープフルーツを摂取するよう推奨するで
しょう。そうすれば、ずっと少ない量の服用で済むのです。(グレープフルー
ツのおかげで、ごく僅かな量の錠剤で完全な形状の錠剤と同じ作用が得られる
のです!)しかし、そうすれば巨額の利益が減ってしまうことから、もちろん
製薬業界はそうされることを望んでいません。ですから、彼らはただグレープ
フループを避けるよう推奨しているのです。これは犯罪的なことであり、とっ
てもとっても馬鹿げています。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


■グレープフルーツと薬の組み合わせに関する警告
(Grapefruit and pills mix warning:11月27日英語版配信分)

http://www.rda.co.jp/topics/topics6133.html
[アライブ!サプリメントカフェ]
グレープフルーツと組み合わせて摂取すると有害な副作用が出る危険性のある処方薬の数が、2008 年以降に 2 倍以上に増加しているが、多くの患者だけでなく、医師もこれに気付いていないと、カナダの研究者が警告しています。

  グレープフルーツは、一部の薬で、腸と肝臓で薬が代謝されるのを阻害することによって過剰摂取を引き起こす場合があります。

  少量のグレープフルーツジュースであっても、これらの薬と一緒に摂取すると、突然死や急性腎不全、呼吸不全、消化管出血などの深刻な副作用を引き起こす可能性があると言います。

  グループフルーツと一緒に摂取すると深刻な副作用がでて、多くの場合で生命を脅かす作用が危険性がある薬の数が、 2008年の 17 種類から2012年の 43 種類に著しく増加していると、この研究者は述べています。

  カナダのローソン健康研究所のデビッド ・ ベイリー (David Bailey)氏らが、Canadian Medical Association Journal誌に26日づけで発表しました。

  「医療従事者が、グレープ フルーツと薬物の相互作用を理解し、これらの薬を安全に使用するために、臨床でこの情報を適用する必要性は非常に大きい」とベイリー 氏は言います。

  この研究者によると、グレープフルーツと相互作用する薬は 85 以上あり、特定のコレステロール降下薬や抗血圧薬、がん治療薬、エリスロマイシンのような抗生物質が含まれます。中でも 43 の薬は深刻な副作用があると言います。

  グレープフルーツだけではなく、レモンやライム、オレンジのような他の柑橘類も、危険な相互作用を引き起こすフラノクマリンと呼ばれる活性成分が含まれています。この化合物は、薬物を代謝して実質の投与量を半減させる酵素の働きを抑制するようです。

  薬を服用する数時間前に小さな量でもグレープフルーツを摂取すると、体内の薬物量が増加する場合がある、つまり一度に多量の薬を服用したのに似た状態になると、この研究者は説明します。

  降圧薬のフェロジピンをグラス 1 杯のグレープフルーツと一緒に摂取すると、水の場合と比べて、体内レベルが 3 倍の投与量相当に増えました。

  「グレープフルーツと一緒に摂った 1 錠が、水と一緒に摂った 5 錠か 10 錠のような作用をもちます。信じないかもしれないが、科学的に本当であることを示すことができる」と、ベイリー 氏は言います。

  この有害作用は薬を繰り返し服用した時に大きくなります。例えば、コレステロール降下剤のシンバスタチンを、 3 日間続けて 1 日に 1 度、 210 ミリリットルのグレープフルーツジュースと組み合わされると、血流中の薬は 330 パーセント増加するだろうと、続けます。

  「つまり、グレープフルーツジュースを飲むことによって、意図せず、治療のレベルから有毒なレベルに行く場合がある」とベイリー 氏は注意しています。

  この研究によると、グレープフルーツと相互作用する薬には次のようなものがあります。

  * 特定のコレステロール降下薬のスタチン薬、例えば、シンバスタチン、アトルバスタチン、プラバスタチン

  * 一部の血圧降下薬、例えば、ニフェジピン

  * 臓器移植拒否反応を防ぐ免疫抑制薬、例えば、シクロスポリン

  * 特定の心血管薬、例えば、抗不整脈薬のアミオダロン 、血小板凝集抑制薬のクロピドグレル、血液凝固因子阻害薬のアピキサバン

  中高年の人々は様々な処方薬を服用していることが多く、さらに高齢になるほどグレープフルーツと薬の複合による有害反応に脆弱であるので注意が必要である、この研究は述べています。

  「これらの有害な副作用がどのくらいの頻度で起こるかについてほとんど分かっていません。今後の研究が必要だ」と、米国心臓協会の広報担当で、カリフォルニア大学ロサンゼルス校の教授のグレッグ・ファナロウ(Gregg Fonarow)氏は述べています。

  「深刻で有害な相互作用の危険性のある薬を服用する患者は、グレープフルーツの摂取を控えるようにするか、医師と代替薬を相談することだ」と言います。

  英国薬剤師会のニール・パテル(Neal Patel)氏は「グレープ フルーツは、このような問題を引き起こす唯一の食品ではない、例えば、牛乳は同時に摂取すると、一部の抗生物質の吸収を阻害する」と言います。「これらの相互作用は臨床的に重要でないかもしれないが、より深刻な結果につながる可能性があります。薬剤師は患者の食事の影響に配慮するよい窓口となるだろう」と述べています。

  [英語原文記事]
   http://www.bbc.co.uk/news/health-20497086


page top
72478656_46.jpg
72478656_78.jpg

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

弥勒菩薩ラエルのコメント:海洋を守るため、福島にも地中格納施設と共に、
なるべく早急に同様のものが必要です。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■チェルノブイリ原発に高さ100メートルの巨大石棺が建設される
(Giant 100-meter sarcophagus constructed at Chernobyl nuclear plant
(PHOTOS, VIDEO):11月30日英語版配信分)


http://www3.nhk.or.jp/news/html/20121128/k10013802041000.html
[NHKニュース]
26年前に史上最悪の原子力発電所の事故を起こした、旧ソビエト・ウクライナのチェルノブイリ原発では、放射性物質の拡散を防ぐため、事故を起こした原子炉を覆うアーチ型の建造物が建設されており、初めて工事の様子が報道陣に公開されました。

1986年に爆発を起こした、チェルノブイリ原発の4号機の原子炉は、事故直後からコンクリートと金属で造られた「石棺」と呼ばれる建造物で覆われてきました。しかし、石棺が老朽化し、放射性物質が拡散するおそれが出てきたことから、ウクライナ政府はことし4月に、石棺の上から原子炉ををすっぽりと覆う新たな建造物の建設に着手し、27日、初めて工事の様子が報道陣に公開されました。
建造物は幅250メートル余り、高さ105メートルの巨大なアーチ型をしており、100年にわたって放射性物質を密閉するよう設計されているということです。
原発の周辺では事故から26年がたっても高い放射能汚染が続いており、工事にあたっては、作業員の被ばく量を少なくするため、効率的に作業を進めることが課題となっています。
建造物が完成するのは3年後の予定で、建設費用は日本や欧米などの支援も得て、1000億円以上に上るとみられており、原発事故への対応が長期にわたり多大な費用を要することが改めて浮き彫りにされています。


  『チェルノブイリの新シェルター』
   http://www.asahi.com/international/gallery_e/view_photo.html?international-pg/0426/TKY201204260543.jpg
   [朝日新聞デジタル]


  [英語原文記事]
   http://rt.com/news/chernobyl-new-safe-confinement-773/
page top
人類のCO2排出、氷河期の到来を遅らせる-ヨーテボリ大
72478121_179.jpg
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
弥勒菩薩ラエルのコメント:これは、地球温暖化というでっち上げよりも遥か
に信用できるものです。ですから新しいメッセージは『地球を救うためCO2
を出来るだけたくさん排出しよう!』です。うわぁー、こうなると諸政府は昨
今の炭素税を撤回せざるを得なくなり、グリーンテクノロジーに新たな税金を
課すのでしょうか?
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■スウェーデンの科学者たち:氷河期が迫っている中、CO2だけが頼りの綱
(Swedish boffins: An ICE AGE is coming, only CO2 can save us:11月14日英語版配
信分)


http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MD70VS6JIJYU01.html
[Bloomberg]
11月8日(ブルームバーグ):人類の二酸化炭素(CO2)排出が気温上昇を招き氷河期の到来を遅らせる可能性があるとの研究結果をスウェーデンのヨーテボリ大学が発表した。
同大のラース・フランツェン教授(自然地理学)は8日、ウェブサイト上に「われわれはおそらく新しい氷河期に入りつつある。しかし、CO2の影響でそれに気付いていない」との文書を掲載した。
フランツェン教授ら4人の研究者は間氷期にスウェーデンがどの程度、泥炭地に覆われるか算定した。泥炭地は大気からCO2を吸収する。研究によると、スウェーデンの泥炭地の潜在的なCO2吸収量は6-10倍に増え、理論的には気温を低下させる。
森林伐採や農地の拡大、初期の産業革命によって、16-18世紀の「小氷河期」は止まり、進行が遅くなるか、冷温化が逆転している可能性があるという。
フランツェン教授は「人類の多様な活動によって高水準のCO2が維持され間氷期が長くなることにつながったのだろう。人類の活動の影響がないと氷河期への移行は続いていたかもしれない」と述べた。
ヨーテボリ大によると、過去300万年に少なくとも30の氷河期があった。初期の間氷期には化石燃料による排出がなかったために泥炭地がCO2を吸収し氷河期の条件が整う主因となった可能性が高い」と述べた。
原題:Human Carbon Emissions Seen by Researchers Holding BackIce Age(抜粋)

  [英語原文記事]
   http://www.theregister.co.uk/2012/11/09/peat_ice_age_coming_only_co2_can_save_us/


page top
原発推進者を告発? 福島の放射線被害者たちが正義を求める

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
弥勒菩薩ラエルのコメント:至るところでこれが行われるべきです。
RAEL'S COMMENT: This should be done everywhere.
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


■原発推進者を告発? 福島の放射線被害者たちが正義を求める
(Criminal charges for promoters of nuclear power? Fukushima radiation
victims want justice:11月4日英語版配信分)


▼原発事故、1万人が追及 東電幹部らを2次告訴・告発へ

【本田雅和】福島第一原発事故をめぐり、東京電力幹部や政府関係者らの刑事
責任の追及を求めている「福島原発告訴団」が15日、福島地検に1万人超で
第2次の集団告訴・告発をする。賛同者を全国各地で集め、「民意」として捜
査を迫る考えだ。

告訴団は、事故当時に福島県内に住んでいた1324人の告訴・告発状をとり
まとめ、6月に第1次分として福島地検に提出。東電の経営陣や政府官僚、学
者ら計33人について、安全対策を怠ったり間違った情報を流したりした結果、
住民を被曝(ひばく)させた業務上過失致死傷などの疑いがあると訴えた。福
島地検は8月にこれらを受理し、東京地検とともに捜査を始めている。

第2次の告訴・告発への参加者は、団長の武藤類子さん(59)らが全国を回っ
て募ってきた。「未曽有の被害を出した原発を推進し、被曝を拡大させた人た
ちの刑事責任を問うことこそ民意だと示してほしい」と訴え、約1万850人
が集まった。北海道から沖縄県まで全国に及ぶという。

弁護団によると、検察から事故後の避難中に死亡した人に関する資料などの提
供要請があり、避難に伴って心的傷害を受けた人の診断書などとともに提出す
る準備を進めている。弁護団は被曝を「傷害」ととらえているが、被曝による
傷害は事故との因果関係の証明が難しいことから、検察は因果関係がよりとら
えやすい「災害関連死」などの資料を求めたとみられる。

検察当局は、東電から事故発生後の社内のやりとりを収めたテレビ会議の録画
映像などの資料の提出を受けた。今後、関係者の事情聴取などを進め、立件の
可否を判断するとみられる。


[朝日新聞デジタル]
http://www.asahi.com/national/update/1102/TKY201211010822.html



▼福島原発:「線量管理おろそか」元作業員、労基署に訴え
http://mainichi.jp/select/news/20121102k0000m040073000c.html
[毎日jp]
東京電力福島第1原発事故の収束作業に従事した福島県いわき市の元原発労働者の男性(46)が1日記者会見し、東電と作業を請け負った関電工(東京都港区)を労働安全衛生法違反に当たるとして福島県・富岡労働基準監督署に申し立てたことを明らかにした。男性は「高い放射線量下で安全措置がおろそかな状態で働かされた。少しでも安全な働き方を考えてもらえれば」と訴えた。

 ◇東電と関電工に是正求める
 男性はいわき市の電器メンテナンスの会社に所属。東電が発注し、関電工が元請けとなった仕事の2次下請けだった。昨年3月24日に3号機のタービン建屋内で、電源ケーブルを敷設する作業に当たった。

 申告書や男性によると、作業前に「線量が若干高いが作業に支障はない」との説明を受け、被ばく線量計を毎時20ミリシーベルトに設定して作業に入った。だが、実際には建屋地下には高濃度の汚染水がたまっており、数分で線量計のアラームが鳴り始めた。

 東電の作業グループは地下の空間線量を測定し、「線量が毎時400ミリシーベルトを超えている」と現場から撤収したにもかかわらず、男性らの作業は続行された。男性は長靴を履いておらず、たまり水に危険を感じたことから地下での作業を拒否した。最終的に作業は全体で40~60分行われ、関電工と1次下請けの3人は地下での作業を行い、1回の作業で173~180ミリシーベルトを、男性は11.15ミリシーベルトを被ばくした。

 申告書では、関電工が高線量の場所にとどまって作業を続けさせるなど安全対策を怠ったこと、東電は違反行為を防止する措置を怠ったことが労働安全衛生法違反に当たるなどとして、線量管理のあり方の是正などを求めている。男性は「今年3月以降は会社から仕事もなく実質的に解雇された。原発の末端で働く者は危険な状態で働いていても訴える機会もなく、使い捨てられる」と述べた。

 関電工は「詳細を知らないが、労基署の判断に従いたい」とコメントした。東電広報部は「非常事態に復旧作業にあたり高線量の被ばくをした労働者には申し訳なく思っている。労基署の求めがあれば真摯(しんし)に対応したい」と話している。【東海林智】


© ラエリアンムーブメント広島中国方面の公式ブログ. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。