ラエリアンムーブメント広島中国方面の公式ブログです
page top
ラエルはジャック・コーエンに人類の名誉ガイドの称号を授けます
国際ラエリアンムーブメントからのプレスリリース        
 2012年7月21日(土)

ラエルはジャック・コーエンに人類の名誉ガイドの称号を授けます

7月18日ラスベガス
 国際ラエリアン・ムーブメント (IRM)の精神的指導者ラエルは、ジャック・コーエン
博士に人類の名誉ガイドの称号を授けました。本日IRMから発表された声明によ
ると、ラエルがコーエンにこの称号を授けたのは、不妊症のために遺伝子操作を
行うことでしか赤ん坊を産めなかった母親たちから生まれた30人の赤ん坊の誕生
に力を貸したためだということです。

「彼は、このようなことを行う勇気を持った最初の科学者でした」とIRMの広報
担当であり、アメリカ国外で細胞質移植に関わる二つの企業クローンエイドとス
テムエイドの代表でもある、ブリジット・ボワセリエ博士は言います。「彼は長
年にわたってこの分野のパイオニアの一人であり、反対意見にもかかわらず前進
しよういう意志を行動で示してきました。2001年に人間の生殖細胞の遺伝子操作
をして正常で健康な子供が生まれた最初のケースに関するプレゼンテーションを
行ったとき、倫理をめぐる大議論が行われました。ヒト・クローニングの議論と
同様です」

 セント・バーバナスにあるコーエンのクリニックでは、強制措置をとると脅す
FDAの警告書に従って、細胞質移植をやめることを選択したと、ボワセリエは言
います。

「10年以上たった今でも、FDAは政策を緩和していません」とボワセリエは言い、
FDAは、人間の苦しみを和らげる可能性のある有望な新しいテクノロジーに関し
て硬直した近視眼的ものの見方をずっと示してきている、と続けます。

「例えば、Nikica Zaninovic率いるコーネル・チームの一つは、ウイルスを使っ
て、体外受精で使われなかったヒト胚の遺伝子に緑色蛍光タンパク質を組み込み
ました」とボワセリエは言います。「でも、新しい遺伝子が組み込まれたことを
確かにするために胚を生きたままにしておく許可を得られなかったために、胚は
5日後に破壊されました」

 そのような政府の介入があるのは、一部に、不当な恐怖心によるものだとボワ
セリエは言います。

「これから生まれる何百万という人たちの遺伝的欠陥を防ぐ可能性のある技術を
なぜそんなに恐れるのでしょうか」とボワセリエはコメントします。「卵子を遺
伝子操作することによって、30人の不妊の女性が身ごもるのを助けたコーエン博
士の勇気に敬意を表することが大切です。だからこそラエルは、彼に、ラエリア
ン・ムーブメントが認める最も高位の称号を授けることに決めたのです」

 ヒト・クローニングと遺伝子組み換えは、どちらもラエリアン哲学によって全
面的に支持されているとボワセリエは言います。

 2001年、著書「クローン人間にYes」の中で、ラエルは次のように書きました。

「健康な子供だけが生まれるようにする方法を既に知りながら、一生苦しむこと
になる子供が生まれるのを許すのは、人類に対する犯罪です」
それでもラエルは、状況はまもなく変わるだろうと楽観的でした。同書では次の
ように予言しています。

「人間の生殖細胞系列遺伝子操作に関する「倫理的な疑問」が、完全に反倫理的
に聞こえる日がやって来ます。そういう疑問は、生まれてくる子供、あるいは人
類の将来の本当の幸せを考えていないのですから。賢明なのは人々に選択するこ
とを許すことです。選択の自由が許されれば、もうほとんどの親は必ず、将来の
子どもの特性は運に任せるよりも自分で選びたいと思うでしょう。自分の子供に
最高のものを望まない母親は、世界にはいないはずです。例外は、意識を制限す
る宗教的信仰に、完全に言いなりになる少数の人たちです」
 
 ラエルは、意識を制限する宗教的信仰を持つ人たちが、今では誕生前に遺伝子
操作によって避けられる。肉体的奇形や、生涯の病気、障害に苦しむ子どもが誕
生してもいいように社会が許すよう、勝手に決めるべきではないと言っています。

「意識がわずかしかない人たちには、障害のある子供たちをさらに多く、社会に
重荷として負わせる権利はありません。そういう子供たちは、遺伝子操作を禁ず
るという犯罪的な決定の結果なのです」とラエルは書いています。

コーエンは今、着床前遺伝子診断に関わるリプロジェネティクスという会社で働
いているとボワセリエは言います。

「『リプロジェネティクス』は、プリンストン大学の分子生物学教授リー・M・
シルバーによる造語です」とボワセリエは言います。「リプロジェネティクスと
は、両親が自分の子供の遺伝的特質を選び出し、子どもに受け継がれる可能性の
ある病気の遺伝子を取り除く技術を合わせたものであると教授は言っています」

 このような新しい技術が利用されるようになれば、数十年後には社会に多くの
変化が起こることでしょう、とボワセリエは言います。

「大きな科学的進歩が起こるときはほとんどいつも、恐怖心と無知のためにその
進歩を抑えようと行動する人がいるということを歴史は私たちに教えています」
とボワセリエは言います。「それでもなお、科学の進歩はこの惑星の人類にとっ
ての唯一つの希望なのです」

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© ラエリアンムーブメント広島中国方面の公式ブログ. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG