ラエリアンムーブメント広島中国方面の公式ブログです
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
ラエルは、割礼は身体に害を及ぼす行為であると裁定したドイツの裁判所
日本ラエリアン・ムーブメントからのプレスリリース
2012年7月6日(金) 

ラエルは、割礼は身体に害を及ぼす行為であると裁定したドイツの裁判所を賞賛します
 
7月2日ラスベガス
 ラエリアン・ムーブメントの精神的指導者ラエルは本日、宗教上の理由
で少年に割礼を施すことは身体に害を及ぼす行為と最近裁定したドイツの
裁判所を称賛しました。
 
「男性の割礼は、女性のクリトリス切除同様、性器の切除であり、禁じら
れるべきです」とラエルは言います。ラエルは何年もそう訴えています。
ラエルはまた、現在ノルウェーで割礼の禁止に向かって努力しているノル
ウェーのある政党も支持しています。
 
 「多数のドイツ人がこの種の裁定はずっと前に行われるべきだったと言
ってきました。ラエリアンはこのニュースを喜んでいます」とラエリアン
・ムーブメントの広報担当ブリジット・ボワセリエ博士は言います。「私
たちラエリアンは、まっ先に宗教の自由のために戦いますが、それにもま
して、人権の尊重のために戦います。本人の同意なしに性器を切除するこ
とは明らかに人権の侵害であり、宗教的伝統だといくら正当化しようとし
ても、それは犯罪とみなされるべき行為です」
 
 ユダヤ人指導者たちはその裁定を反ユダヤ主義だと呼び、イスラム教の
指導者たちは、イスラム嫌悪だと言明しました。
 
「でも、裁判所にとってこの裁定は、子どもがその身体の完全性を保つ権
利を支持するものです」とボワセリエは言います。
 
 宗教的又は文化的伝統の名の下に性器を改造することに対して、ラエリ
アンが強い態度を取るのはこれが初めてではありません。
 
 2006年、ラエルはクリトレイド
(<http://www.clitoraid.org>www.clitoraid.org)という組織を立ち上げ
ました。それは、性器を切除された女性の身体的完全性と尊厳、そして性
的快楽を得る能力を取り戻すことを助けるものです。
 
「フランスの外科医ピエール・フォルデ医師によって開発された手術のお
かげで、切除されたクリトリスの残片を修復する事が可能になりました」
とボワセリエは説明します。「私たちはアフリカに病院を一つ、北アメリ
カにいくつかのクリニックを建設しています。そこでは性器を切除された
何百万人もの女性たちが手術をしてもらう事で安心を得る事ができます」 
 
 さらに興味深いことに、クリトレイドは、割礼を受けた男性からも多く
のメールを受け取っているとボワセリエは言います。
 
「彼らは割礼された部分を元に戻す方法を探しています」とボワセリエは
言います。世界保健機構によると、世界の男性の3割は割礼を施されている、
とボワセリエはさらに付け加えます。「これはつまり、地球上の何十億と
いう人々が本人の同意なしに性器を切除されているということです」とボ
ワセリエは言います。「クリトレイドから援助を求める女性全員に、心的
外傷後ストレス障害の兆候がはっきり見て取れます。幼い頃に割礼と言う
衝撃的な切除をなされた何十億という男性たちも心的外傷後ストレス障害
をある程度は発症しているだろうと私は確信しています。この裁判だけで
はなく、もっと多く裁判所がこの野蛮な慣習に「ストップ!」という事が
緊急に必要とされています。世界中のすべての裁判所が、一宗教の権利よ
りも一人の子どもの権利を優先しなければなりません」
 
 すべての宗教の聖典、教義、慣習が、独立した国際委員会によって精査
され、世界人権宣言と一致しない宗教的慣習はすべて世界的に禁じられる
ように、ラエルは繰り返し求めてきたとボワセリエは言います。
 
 「ラエリアンのすべての書物と慣習はそのような委員会がいつでも精査
できるように公開されています」とボワセリエは言います。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL

© ラエリアンムーブメント広島中国方面の公式ブログ. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。