ラエリアンムーブメント広島中国方面の公式ブログです
page top
7月22日(日)米子講演会後の食事会
7月22日鳥取県米子で講演会が行われました。
講演会後にみんなで食事会にレッツゴー!!
P1000915.jpg

食事会会場は、会場からも歩いて行けるほど近くにあるスープの美味しいお店「TORICO SPOON」。

P1000926.jpg

まずはみんなで乾杯( ^_^)/q□☆□p\(^_^ ) カンパァーイ
P1000918.jpg

おいしいお料理を満喫中(*^-^*) 
P1000919.jpg

みんな何を食べているのかな(o^∇^o)
P1000920.jpg

初参加者の方も参加中ヤッタ━─゚+。:.ヽ(喜´∀`)ノ゚+。:.─━ァァッ☆
P1000921.jpg

おいしそうに食べてるね☆^▽^☆
P1000922.jpg

にこやか笑顔で(*^ワ^*)
P1000924.jpg

講演会後は、毎回の様に食事会が行われています。
またみんなで食べに行こうね~♪
スポンサーサイト
page top
Istkovのアバター・プロジェクト:ラエルが予言した不死への第一歩
国際ラエリアン・ムーブメントからのプレスリリース
 2012年7月26日(木)

Istkovのアバター・プロジェクト:ラエルが予言した不死への第一歩

7月21日ラスベガス
 国際ラエリアン・ムーブメント(IRM)が本日発表した声明によると、IRMの創始
者であり精神的指導者であるラエルは、10年以内にロボットへ脳を移植する手
段を億万長者に提供するアバタープロジェクトを始めると最近発表した、ロシア
人企業家Dmitry Itskovを熱烈に支持することを表明したということです。

「いくつかの情報筋によると、Itskovはこの目標を達成するために、30人の科
学者を雇っているそうです」と国際ラエリアン・ムーブメントの広報担当ブリジッ
ト・ボワセリエは言います。「彼は、すでに軍隊が思考を使ってアンドロイドを
コントロールする方法を研究している米国防高等研究計画局と協力することを望
んでいます」

 ただ、この概念はラエリアンにとって目新しい事ではないと、ボワセリエは言
います。

「脳を新しい身体に移植することは、ラエルがおよそ40年前に説明した、人間
が不死へ向かう段階の一つなのです」とボワセリエは説明します。「ラエルはま
さにそのことを1974年に出版された『地球人は科学的に創造された』の中で
予言していますし、2001年に出版された『クローン人間にYes』の中でそれ
について詳しく説明しています」

 クローニング(人間の科学的再創造)とクローニングで新しく作られた身体へ
の個性のアップロードを合わせて永遠の生命を得る可能性については、ラエリア
ン哲学の中で教えられていますが、それはまだ社会的に広く受け入れられている
ことではありません、と彼女は言います。

「最初のクローン人間が生まれようとしていた時、私たちのヒト・クローニング
に関する考え方が大きな議論を呼び起こし、ヒト・クローニングが10年間禁じ
られる法律ができました」とボワセリエは言います。「ラエリアンにとって、神
は存在せず、死後の世界もありません。私たち人間は、高度に進歩した地球外の
人間の科学者たちによって創造されましたが、私たち自身でやらなければならな
い事も残されています。私たちが永遠に生きる方法はただ一つ、この地球上で科
学的に私たちの体と個性を再創造することであり、地球こそが私たちの楽園とな
るべき場所なのです」

 クローンエイド、ステムエイドという二つの企業の代表を務めるボワセリエは、
次のように言います。ヒト・クローニング、光速より速く移動すること、かつて
は最小と考えられていた物よりもさらに小さな粒子を証明することなど、ラエル
によって予言された科学の進歩は、予定通り、全て現在起こっていることです。

「そう遠くない昔に空想科学小説だと片付けられていたラエルの予言は、私たち
が主要な科学原理を全て知ることになる2035年より前に現実となるはずのこ
とです」とボワセリエは言います。「Istkovのような企業家のおかげでそれがさ
らに早く実現しようとしているので、私たちは彼らに感謝しています。ラエルの
予言に基づく企業の一つ、クローンエイドのクローニング専門家たちは、喜んで
アバターの科学者たちと協力するでしょう」

© ラエリアンムーブメント広島中国方面の公式ブログ. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG