ラエリアンムーブメント広島中国方面の公式ブログです
page top
今やクローン馬がオリンピックへ参加可能に
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
弥勒菩薩ラエルのコメント:ヒトクローンも間もなく認可されることを期待し
ましょう!
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


■今やクローン馬がオリンピックへ参加可能に
(Cloned Horses Can Now Compete in the Olympics :7月10日英語版配信分)


Source:
http://www.slate.com/blogs/future_tense/2012/07/06/cloned_horses_fei_approves_clones_for_olympics_international_competition.html


By Will Oremus
2012年7月6日


国際馬術連盟(FEI)がこれまでの禁止措置をひるがえし、クローン馬が従来
の交配馬と並んで競技することを可能にする決定を下した。

『The Chronicleof the Horse』紙によると、スイスで6月に開かれた会合を
受け、国際馬術連盟が発表を行ったという。「FEIが主催する競技会において、
クローンもしくはその子孫の参加を禁止することはありません」「FEIでは、
特に馬の福祉を対象として、さらなる追跡調査を継続する予定です」

二つの会社にとっては吉報である。ViaGen社(テキサス州)とCryozootech社
(フランス)はこれまで、おもに繁殖を目的とした優勝馬のクローンを手がけ
てきた。Cryozootech社は、米国の障害優勝馬であるGem Twistのクローンを2
頭生み出している。一方、ViaGen社は、有名なクローン羊のドリーを生み出し
た技術の使用権利を有しており、クォーター馬、バレルレース馬、ポロ用のポ
ニーなどを含む、何種類かの馬をクローンしている。

FEIの決定は、オリンピックなどの国際的な馬術競技に適用されるが、純血種
の馬を競走させる組織やアメリカクォーターホース協会など、その他にいくつ
かある競技連盟では、クローン馬をいまだに禁止している。クローン馬を所有
するオーナーたちは、アメリカクォーターホース協会の禁止措置に対して訴え
を起こしている。

これまで、クローン馬はおもに競技よりも繁殖のために用いられてきている。
2012年開催のオリンピックには、クローン馬の参加は予定されていない。

クローン馬を所有するある米国人のオーナーが、英国の有名な乗馬関連雑誌
『Horse & Hound』に対して語ったところによると、クローン馬の容認が増え
てくれば、最高の馬の組織サンプルを蓄えるため、恐らくさらに多くのオーナー
たちが遺伝子バンクを開設することになるだろうという。「しかし、クローニ
ングは高価なものですので、例外的な馬にとどめて、相対的に少数になるよう
抑制措置が講じられることを望んでいます」


スポンサーサイト
page top
新刊本取り扱い書店 ★鳥取県★
鳥取県で新刊本「地球人は科学的に創造された」の取り扱い店舗が出来ました

今井書店 錦町店鳥取県米子市錦町3-90
 http://www.machilab.net/shop_B0740.html

本の学校今井ブックセンター(鳥取県米子市新開2-4-1)
http://www.machilab.net/shop_B0508.html

TSUTAYA 角盤町店鳥取県米子市角盤町4-41
http://store.tsutaya.co.jp/storelocator/detail/6200.html

Book yard chaptet 2(鳥取県米子市両三柳12)
http://navitottori.com/0859-33-0222/

Book yard chaptet 3(鳥取県米子市上福原318)
http://www.searchies.jp/book/takumi/id:0001869954/t:profile/
page top
ラエルは 「平和のための1分キャンペーン」を始めます。
国際ラエリアン・ムーブメントからのプレスリリース
2012年7月16日(月) 

ラエルは 「平和のための1分キャンペーン」を始めます。
「地球のすべての人が平和と愛のために1分間の瞑想をすれば、私たちは世界を変える事ができるでしょう」  
2012年7月、弥勒菩薩ラエル


7月13日東京
 ラエリアン・ムーブメントの精神的指導者ラエルは、先の演説で、出来
るだけ多くの人が平和のためにほんの1分間の瞑想をすることを提案しま
した。
 
 「私たちが考えること、表現すること、感じることは、宇宙のすべての
こと、そして当然地球のすべてのことに影響を与えています」とラエルは
言います。「私たちは脳波を伝達する強い力を持っています。地球には平
和と愛が必要です
 
ラエルは聴衆に、私たちと接触することを望んでいる他の惑星の人間たち
のことを想像するよう求めました。
 
「国同士の戦いや国境を目にして、彼らははっきり言って誰に接触を求め
ていいのか分からないでいます」とラエルは言います。「私たちは、私た
ちを創造したエロヒムのための大使館を建設する必要があります。地球に
は国境があり、約200の国があります。彼らは他の国を差し置いて一つ
の国だけ有利な立場に立たせたいとは思っていません。だからこそ、私た
ちは、国境や国、国旗、国家主義を破壊する必要があるのです」
 
 ラエルはさらに、私たちの優先事項は、一つの世界政府を持ち、軍隊を
持たず、全ての人が平和に暮らす一つの統一した世界を作り、エロヒムが
やって来られるようにすることだと、言います。
 
「だからこそ私たちは、この惑星をもっと平和にするために影響を与える
必要があるのです。私たちの脳は、平和と愛の強力な波を送る事ができま
す。たった数人でも、平和と愛の波を送るために脳を使うことによって、
この世界を変える事ができます!」
 
そのことを念頭に置いて、世界中の7万人以上のラエリアンはまもなく、
街で通行人に1分間の平和の瞑想に参加することを呼びかけるキャンペー
ンを行う予定です。

page top
水平にではなく垂直に成長する「メガ都市」の提案をラエルは称賛します
国際ラエリアン・ムーブメントからのプレスリリース
2012年7月11日(水

水平にではなく垂直に成長する「メガ都市」の提案をラエルは称賛します

7月6日ラスベガス
 国際ラエリアン・ムーブメント(IRM)の精神的指導者ラエルは、世界の人口が
急増し続ける今、都市を広げるのではなく、高くする事を支持する科学者たちを
祝福する声明を発表しました。

 エール大学のカレン・セト博士とアリゾナ州立大学のMichail Fragkiasによる、
都市を水平にではなく垂直に拡張するという提案は、私たちを創造した地球外の
科学者エロヒムが、1973年に私たちに与えてくれたメッセージの中で推奨し、ま
た彼ら自身の惑星でも実践していることそのものです、とラエルは言います
rael.org参照)。

 最近開催された国連地球サミット「リオ+20」は、拘束力のない宣言や文書等
の演出は十分ですが、セトやFragkiasのような科学者の研究には多くの注意を払っ
ていません」とIRM広報担当ブリジット・ボワセリエ博士は言います。「彼らは、
拡大を続ける都市の危険性の証拠書類を提示し、ラエルが40年ほど前に推奨した
ものと同じ解決法を提案しています」

「リオ+20」地球サミットに先立って開かれたプラネット・アンダー・プレッシャー
会議で、セトとFragkiasは、地球の表面を都市用途のために転換することは、地
球の生物圏に対して人間が与える最も不可逆的な影響の一つであるという事を示
しました。

「彼らの説明では、都市化の進行は、『農地の喪失を後押しし、局地気候に影響
を与え、生息環境を分断し、生物学的多様性をおびやかす』ということです」と
ボワセリエは言います。

「30年にわたり、あらゆる地域で、市街地の拡大率が都市人口増加率より高い、
又は同等になっており、都市の発達が小型化ではなく拡大化していることを示し
ていると、彼らは報告しました。計算によると、2030年までにさらに152万7千平
方キロメートルの田舎の土地が都市景観に変わっていくだろうということです。
だからこそ彼らは、土地をどんどん食べ尽くし続けるよりも、高さを上げて、
より人口を密集させた都市を提唱しているのです」

 ここでボワセリエは、エロヒムからラエルに与えられたメッセージを引用しま
す。そこには、エロヒムの惑星で70億人がどのように暮らしているかの様子が書
かれています。

「私たち(エロヒム)の平均的な大きさの都市の人口は50万ほどですが、スペー
スは非常に小さいものです。実際、(エロヒムの)都市は高台にある一つの巨大
な家のようなもので、その中で人々は、自分の欲することをしているのです。こ
うした『住宅都市』は、横幅と高さがほぼ1キロメートルくらいあり、大量の人
員を輸送するために、あらゆる方向に波動が飛び交っています。ベルトを身に付
けてこの波動の流れに乗れば、好きな場所に短時間で行けるのです」

「都市は立方体の空間を占めています。これは、あなたがたの世界のように、都
市が田舎を侵食することがないようにするためです。あなたがたの都市で50万人
もの人口を擁していれば、私たちの20倍もの面積が必要でしょう。このため、あ
なたがたの場合は田舎へ行くのに何時間もかかりますが、私たちは数十秒で済み
ます。一つの都市全体は、一人の建築家によって構成されていますが、これは、
見た目を心地よくするためと、景観に溶け込ませるためです」

page top
ラエル「ヒッグス粒子は無限に存在するさらに小さな粒子の一つに過ぎません」
国際ラエリアンムーブメントからのプレスリリース                                
2012年7月10日(火)

ラエル「ヒッグス粒子は無限に存在するさらに小さな粒子の一つに過ぎません」

7月6日ラスベガス
 ヒッグス粒子というものが99%の確かさで発見されたという発表が科学界を
騒がせていますが、国際ラエリアン・ムーブメントの精神的指導者ラエルは、一
つの粒子の発見によって宇宙の構造が全て説明されると考えることはできないこ
とを科学者たちに再認識させる声明を本日発表しました。

「ヒッグス粒子を研究する科学者たちは、かつて原子を発見した科学者たちと同
じ間違いを犯しています。当時、原子はそれ以上分割することができない最小の
粒子とされていました」とラエルは言います。「そのうち、ヒッグス粒子はさら
に小さい粒子からできている事が証明されるでしょうし、その粒子もまたさらに
小さい粒子で構成されているというように、続いていくでしょう。そして最後に
科学者たちは、宇宙は極大と極小、どちらの方向にも無限であるということに気
がつき始めるのです。何物もそれより小さい物質から構成されることなしには存
在することはできず、また何物もそれより大きい存在の一部でなければ存在する
ことはできません」

「宇宙の無限性は、ラエリアン哲学の教義の一つです」とラエリアン・ムーブメ
ントの広報担当ブリジット・ボワセリエ博士は言います。「私たちを創造した科
学者たちがラエルに伝えたメッセージによれば、私たちの惑星は巨大な生命体の
一個の原子を構成する粒子であり、私たちはその生命体の一部であり、また、私
たちを構成する原子のそのまた微粒子の中にも知的生命体が存在するということ
です。原子を数十兆回衝突させ、どんどん高いエネルギー状態を作り出すことに
よって得られた最新のデータは、科学者たちが単にもう一つ上の極小レベルを発
見できたという事を意味しているに過ぎません」

 ラエルが説明する宇宙の無限性を考えると、この作業が完了することは決して
ないでしょう、とボワセリエは言います。

「何十億ドルのお金が何十億回ものさらなる衝突のために費やされても、新たな
粒子が次々とデータ上に発見され続けるだけです」とボワセリエは言います。
「願わくば、そのデータを共同で分析している何千人もの人々のうちの誰かが、
無限の宇宙の基本的フラクタル構造というパターンを見つけ出してくれるといい
のですが」

 現在指数関数的に増加している、科学者たちによる収集データにより、いつの
日か主要な科学原理が全て理解される時期が来るだろうとラエルはずっと以前か
ら説明してきました。

「超人間主義者たちは、その時期のことを特異点と呼んでいますが、それは2025
年から2035年の間になるでしょう」とボワセリエは言います。

© ラエリアンムーブメント広島中国方面の公式ブログ. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG