ラエリアンムーブメント広島中国方面の公式ブログです
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
国際ラエリアン・ムーブメントからのプレスリリース                 
2012年6月28日(木) 
 
ラエルは、グレゴリオ暦を禁ずるというサウジアラビアの決断を称賛します。 
5月21日東京
 ラエリアン・ムーブメントの精神的指導者ラエルは、サウジアラビアで
の日の計算方法に用いる暦はイスラム暦のみとすると宣言した、サウジア
ラビアの内務省の決定を全面的に支持すると本日表明しました。
 
「これは非キリスト教国家すべてが模倣するべき素晴らしい動きです」と
ラエルは今朝発表された声明の中で言います。「サウジアラビアは今、私
がICACCIプロジ
ェクトで推薦したように、国連に中立の暦を採用するよう勧めるべきです」
 
ラエルは、あらゆる面で使用することを押し付けられているグレゴリオ暦
の使用に反対する、非キリスト教徒たちを一つにするために、「キリスト
教暦の支配に反対する国際委員会ICACCI (<http://www.icacci.org>
www.icacci.org)を創設しました。本日の声明の中での中で、ラエルはさ
らに進めて、サウジアラビアのすべての政治的、文化的、宗教的指導者達
が、国連がグレゴリオ暦を捨て、違う暦と交換するよう求めることを促し
ました。
 
「全人類の代表であるべき国連が、一つの宗教の暦を使用し、その他の宗
教を無視するというのは、全く容認できないことです。その代わりに、中
立な暦を採用することができます。例えば、広島への原爆投下や国連の創
設など、歴史的かつ非宗教的な出来事に基づく暦です」
 
国連がグレゴリオ暦を差し替えることに積極的でないという事は、国連は
全人類を代表してはおらず、宗教的植民地化を促進することにより、西洋
のキリスト教国家の操り人形であることを証明することになります。
 
 ラエルは言います。「キリスト教徒は世界の中では少数派です。人類全
体の合計が70億である中で、キリスト教徒はたったの15億人に過ぎま
せん。もし宗教的植民地化のためでないとしたら、どうして国連は世界的
な宣言書に署名する際に少数派の暦を使うことができるでしょうか」


スポンサーサイト
page top
第3回卍復刻記念日は、シンボルの元来の意味を祝福します
国際ラエリアン・ムーブメントからのプレスリリース
                  2012年6月28日(木)
 第3回卍復刻記念日は、シンボルの元来の意味を祝福します
6月25日ラスベガス
 6月23日世界卍復刻記念日に西欧諸国の様々な地域でまんじが展示されました
が、反応も様々でした。

 まんじの展示を準備したのは、国際ラエリアン・ムーブメント(IRM)と、かつ
てナチスに乗っ取られた古代からある平和と幸運のシンボルに好意的な東洋の
宗教の代表者たちでした。

「不平の多くは、ニューヨーク、ニュージャージー地域でありました。ラエリア
ンのシンボルの中にまんじが描かれている横断幕が、マンハッタン、ジャージー
ショア、ロングビーチアイランドで掲げられていましたが、世界中の15億人以上
の人々にとっていまだに平和と幸運のシンボルであるものが、なぜマンハッタン
の人々の気分を害することになるのでしょうか」と卍復刻記念日の担当者、トマ
ス・カエンズィクは言います。

 不平は主にユダヤ人社会の人たちによるものだったと説明しながら、カエンズィ
クはまんじの元来の意味を回復させる時が来ていると指摘します。

「仏教徒やヒンズー教徒、ラエリアンは、70年前に別な組織がこのシンボルを不
適切に使用し、犯罪を犯したからという理由で、このシンボルを隠さなければな
らないのでしょうか」とカエンズィクは尋ねます。「もしそうならば、人々はキ
リスト教の十字架でも気分を害するべきではないでしょうか。なにしろ、罪のな
い人々が宗教裁判の時代の狂信的キリスト教徒たちやクークラックスクランによっ
て処刑されたのですから。両者とも十字架をシンボルにしていました。さらに、
原爆の被害者である広島や長崎の人たちはどうでしょう。彼らはアメリカの国旗
を禁ずるべきではないでしょうか。シンボルを用いて行われた恐ろしい犯罪は数
多くありますが、まんじだけが禁じられてきました」

 70歳未満の人々がまんじに対して否定的な感情を表すのは、明らかに直接の体
験からではなく、文化的洗脳や教育に関係しています。

 「世界で最も古く、時代を通じて最も繰り返し登場するこのシンボルの元来の
意味を理解してもらうよう、人々に改めて伝える時が来ています」とカエンズィ
クは言い、6月23日の催しを準備したラエリアンと他の宗教団体のメンバーは、
一般の人々に情報を伝えるためにそれを行ったと付け加えました。

「近年ナチスによって誤用されましたが、いまだに多くの文化ではこのシンボル
は無害で平和的だと考えられていますので、人々がこのシンボルによって気分を
害する事が無くなることを私たちは望んでいます」とカエンズィクは言います。
「励みとなったのは、このシンボルが最も人々を動揺させるだろうと思われる場
所、イスラエルのテルアビブでの反応が良かったことです。テルアビブの人々は、
私たちが街でチラシを配り、古代のまんじの展示を行うことにかなり良い反応を
示していました」

 今でも多くのまんじがイスラエルの古いシナゴーグに見られます。イスラエル
のユダヤ人は、ナチスに悪用される以前からユダヤ人自身がまんじを平和のシン
ボルとして使用していたということをよく知っている、とカエンズィクは説明し
ます。

「米国東海岸のユダヤ人社会は、イスラエルのユダヤ人社会とは認識が異なるよ
うです」とカエンズィクは言います。「ニューヨークのユダヤ人が私たちの横断
幕を無礼だと思ったという事は、その地域ではまだまだやるべき事があるという
ことです」

 ドイツのカルルスルーエの反応もまた好意的ではなかったとカエンズィクは言
います。

「私たちのグループは大人数でしたが、市当局には歓迎されませんでした」とカ
エンズィクは言います。「まんじが描かれた看板はいつの時間も街で展示するこ
とはできないと、警察ははっきり言いました。ドイツのラエリアン・ムーブメン
トのリーダー、マルセル・ホフマンは、ナチの時代より前からドイツに存在する
古代のまんじの絵を掲げる事で、その法律に異議を申し立てることにしました。
警察は彼を告訴することを決めました。ホフマンが裁判所で自分の意見を弁護す
る機会が得られるように私たちは願っています」

 このような拒絶反応がありましたが、それ以外の人々は少なくとも卍復刻記念
日の要点を見ることはできたでしょう、とカエンズィクは言います。

 6月23日の展示に関する主要メディアの記事を読んだ後に、ニューヨークのあ
る読者は次のように言っています。

「彼らは、あなたがたが記事にしたようにナチの旗を掲げていたとは思えません。
彼らは単にまんじを描いた単純な横断幕を掲げていたことは確かです。そのまん
じは、彼らが言うように、何千年も広く使われてきた物であり、ユダヤ人も使用
していたものです。エレッツ・イスラエル(Eretz Yisroel)にある古代のシナ
ゴーグのモザイクにはまんじが描かれていますし、まんじが装飾のモチーフとし
て印刷された書物もあります。ナチスがそれを使用するまでは、それは悪を連想
させるものではありませんでした。現代ではそれは痛みを思い出させるもので、
私たちはそれを避けています。でも、もしこの人たちがそれを大切に思っている
のなら、彼らがただ私たちに遠慮してそれを隠し続けることを期待してはいけな
いでしょう。彼らはそれを日光にさらし、人々に本当のことを説明しようとして
いるのです。それが戦前と同じように無害な物と思われるように。それが可能か
どうかは疑問ですが、彼らの試みを責めることは私にはできません。もし日本人
が日の丸ではなくダビデの星をシンボルに使っていたら、私たちはダビデの星の
使用をやめるでしょうか」

「これは素晴らしい質問です」とカエンズィクはコメントします。「ユダヤ社会
は、他のグループが彼らのシンボルを盗んで犯罪を犯したら、そのシンボルの使
用を禁ずるでしょうか」とカエンズィクは尋ねます。「もしパレスチナ人がある
日国際社会に、彼らを苦しめる人たちが用いたシンボルを禁ずるように求めたら、
ユダヤ社会はどうするでしょうか」

 他の場所では、6月23日のイベントはもっと良く受け入れられたと、カエンズィ
クは言います。

「米国西海岸やオーストラリアでは、私たちの横断幕に対する不平はなかったと
聞いています」とカエンズィクは言い、カリフォルニアのベニスビーチで記念日
を推進していた人たちは、そのシンボルが仏教徒にとって従来意味することに詳
しい地元の人たちから熱狂的に歓迎された、と続けました。

page top
ラエリアンは、6月23日の「世界卍復刻記念日」を推進します
続きを読む
© ラエリアンムーブメント広島中国方面の公式ブログ. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。